100年の歴史 - 沿革 -
100年の歴史

新たなる出発、100年を礎に

創業者である谷川茂次郎が大阪・東区において新聞用紙の運送を専門に行う谷川運送店を開業したのは、明治34年(1901)のことでした。20世紀の最初の年にあたります。  
その後、昭和14年(1939)12月の会社設立を経て今日まで、当社は一貫して新聞用紙および一般用 紙の運送と保管業務を中心とした紙の物流事業に関わり、社業を積み重ねてまいりました。
百年間の歩みの中に積み重ねた軌跡をたどり、それを記録に留めることで先人の努力を忘れないようにしよう。 それが今後とも皆様のご愛顧におこたえする一つの道ではないかと考えております。

沿 革

1901〜2014

1890年

谷川茂次郎が大阪市の東横堀川・十人浜で浜中仕後に仲仕頭となり用紙などの運送を始める

1900年

谷川茂次郎が大阪市東区の西国橋東詰めで荷揚げ場「新濱」を開設

1901年

谷川茂次郎 谷川運送店を開業(本店:大阪市東区瓦町、梅田出張所)共同用紙合資会社より新聞用紙の運送業務を一任される。当時の運送手段は 荷馬車 肩引車。

1915年

大阪市北区曽根崎新地に営業所を開設

1939年

株式会社谷川運送店設立(大阪市北区曽根崎新地)

1946年

商号を谷川運輸株式会社に改める

1955年

新聞社構内作業の請負を開始

1956年

商号を谷川運輸倉庫株式会社に改める

1959年

山陽便の前身である広島便の開始

1960年

在阪の紙運送会社18社により「大阪紙運会」を設立

1965年

広島便を拡充した「山陽便」の営業を開始

1972年

谷川運輸倉庫㈱他1社と「関西パレット回収連合会」を結成

1977年

近畿電波管理局から無線局開設の免許を受け、トラックへの無線設置

1979年

第3代谷川義夫社長が黄綬褒章を受章

1980年

中央安全衛生委員会、職場安全衛生委員会、安全衛生実行委員会を設置

1988年

谷川運輸倉庫グループとなる瀬戸谷川倉庫株式会社を設立

1991年

第3代谷川義夫社長が勲五等双光旭日章を受章

1995年

阪神淡路大震災を踏まえ、「大規模災害対策要綱」を策定

1996年

谷川茂が第4代代表取締役に就任

2001年

創業100周年記念式典を開催

2002年

損害保険代理店開設

2004年

グリーン経営認可取得
Gマーク(貨物自動車運送事業安全性評価事業)取得

2008年

谷川運輸倉庫グループとなる三共運輸倉庫株式会社を設立
本社を現住所:大阪市北区中之島に移転

2010年

第4代谷川茂社長が大阪倉庫協会副会長に就任

2012年

守口倉庫に自家発電設備設置
東大阪第一倉庫、守口倉庫が国土交通省より災害時民間物資拠点に指定される